神奈川県厚木市岡田の岡田保育園は子どもの意欲と思いやりを育てます

社会福祉法人 愛慈会 岡田保育園


岡田保育園TOP>生きる力

岡田保育園園児の保護者より

じゃが芋掘り

P7030710.JPGP7030703.JPG 
「6月28日」
 5歳児が2度目のじゃが芋堀りをするため、路線バスを利用し、保育園で借用している七沢地区の畑に行きました。子ども達は畑に着くと1度目の畑の様子とは違っていたことに気付き「葉っぱがない」、「枯れている」と驚いていました。また、前回と違い根っこにじゃが芋がついていないことを、不思議に思っているようでした。今回もたくさん収穫することができました。

「7月3日」
 この日は、4歳児組と5歳児組とで一緒に畑に行きました。路線バスに乗ると5歳児が「このボタンは、押したら駄目だよ」と4歳児に優しく教えている姿が見られました。また、バスから降りて畑に着くまでの道のりで「種芋があるから、見つけたら種芋さんありがとうって言うんだよ」と伝えていました。畑に着くと、4歳児はたくさんの虫に興味を持ち捕まえていましたが、じゃが芋の掘り方について説明が始まると、真剣な表情で聞いていました。そして、子ども達は大きなじゃが芋を見つけると、嬉しそうに周りの友達や保育士に見せかごの中へ運んだり「この辺にあるんじゃない」と言う、5歳児のアドバイスを聞きながら一生懸命掘っていました。畑にあるじゃが芋は無事、掘り終えました。前回、掘ったじゃが芋を持ち帰ったことを思い出し「じゃがバターにして、食べた」、「たくさん食べた」など、その時の感想を、嬉しそうに知らせてくれました。
 畑での栽培を通し、多くの経験をする中で子ども自身が気付き、学びがありました。

じゃが芋の栽培

P5170562.JPGP5170571.JPGP5170576.JPG 
 5月17日(木)、5歳児が路線バスを使用し、七沢にある保育園で借用している畑に行きました。この日は、3月に種芋(じゃが芋)を植え、どのような生長をしているのかを見るために出掛けました。じゃが芋は子どもの膝程に伸び、緑の葉や、紫色の花が綺麗に咲いていました。苗と苗の間の窪みを、ゆっくり歩きじっくり観察した後、雑草を一生懸命抜く子どももいました。暫くすると、「バッタ」、「てんとう虫」、「かたつむりの殻」、「みみず」などの虫探しに夢中になり、「こっちにもいるよ」と、友達同士教え合いながら一緒に楽しんでいました。今後、里芋・さつま芋を植える予定があり、1年を通し自然と触れ合いながら、生長を観察していきたいと考えています。
 畑で過ごした後、路線バスに乗り「ぼうさいの丘公園」で、園から持参したカレーライスを食べました。「外で食べるとおいしいね」、「いつものカレーよりおいしく感じる」と、とても嬉しそうでした。その後アスレチックで少し遊び、歩いて帰園しましたが、子ども達の満足そうな顔が印象的でした。

子どものつぶやき

・公園へ散歩に出掛けた時のことです。木の下でドングリを見つけた4歳の子どもが、なぜ「ドングリ」がたくさん落ちているのか疑問を感じ、木を見上げながら言った言葉です。
「機械がドングリ落としたんじゃない?」

・寒い日の散歩の帰り道。雲に隠れていた太陽が出てきた時の子ども同士の会話です。
「あ、背中があったかいね」
「でもまだ手は冷たいね」

・冬の朝の登園途中、雪で白くなった山々を見て、家族で「きれいだね」と話していました。富士山以外の山も白くなったことに気付いた時の一言です。
「これで他の山も、富士山とお友達になったね」

・ある日の夕方、真っ赤な夕焼けを皆で見ていた時の会話です。
「この色見てたら、なんか悲しくなっちゃうよ」
「こんなところで卒園式の歌聞いたら、涙が出ちゃうよね」

子ども達は、自然の中で様々なことを発見し、その時に感じたことや想像したことを、自分なりの言葉で表しています。子どもの表現をしっかりと受け止め、一人一人の感性を大切に育んでいきたいと思います。

12月の集い(クリスマス会)当日の様子

きりん組2.JPG
ぞう組2.JPG
・うさぎ(2歳児)組
 ホールに入ると、沢山の人達に驚いた様子でしたが、手遊び「ミッキーマウス」や「あ・い・うー」の体操の曲に合わせ身体を動かしたり、友達と微笑み合う姿も多く見られ、手遊びや踊りを身体一杯に表現していました。また、少し照れながら「お母さんがいたよ」などと保育士に知らせ、保護者の方々に見てもらうことに恥ずかしさと共に嬉しさや喜びを感じているようでした。
 昼食の前、サンタクロースが、うさぎ組保育室にも来てくれ、握手をしたり、手を振ったりと大喜びしていました。

・しか(3歳児)組
 大勢の保護者が参加され、普段と違う雰囲気に子ども達は少し緊張した様子も見られましたが、動物の動きや、かぶを引っ張る動作を楽しんで表現していました。
 午後のおやつバイキングでは、昼寝前から「ケーキあるかな」、「何個、選んでいいの」などと期待をしていました。5歳児組の子ども達に案内をしてもらいながら、好きなおやつを選び、喜んで食べていました。食べている最中に『あゆコロちゃん』(厚木市マスコットキャラクター)が登場した際には歓声があがり、駆け寄り触れ合いながら、話かけていました。

・きりん(4歳児)組
 朝、サンタの帽子と手にキラキラした飾りを付け準備をすると、友達と見せ合い「かわいいね」と話をしたり「サンタさん、来るかな」とサンタの登場を楽しみにしている声が聞かれました。
 きりん組の出演の時には、普段より少し緊張した様子でしたが、曲に合わせ子どもが自分で考えたリズムで楽器を鳴らし「ぼくのミックスジュース」の曲では、客席の5歳児組も一緒に歌と踊りを楽しむことができました。

・ぞう(5歳児)組
 劇あそびでは、台詞や踊りなど友達と相談して作り上げたものを精一杯行っていました。話の内容から感じとったことを、踊りや動きなどで一人一人が表現することを楽しんでいました。
 午後のおやつバイキングは、おやつを取り分ける係りと、しか組を案内する係りに分かれました。おやつを取り分ける係りの子ども達が大変そうにしている姿が見られたため、保育士が「手伝おうか」と声を掛けると「自分でやりたい」と言い、自分達の力で責任を果たそうとする姿が見られました。案内する係りの子ども達は、しか組の子ども達に「どれがいいの」、「こうするんだよ」と優しく声を掛けていました。1日を通し、楽しく過ごせたようです。

12月の集い(クリスマス会)当日までの様子

うさぎ組.JPG
しか組.JPG
・うさぎ(2歳児)組
 運動会で行った体操(「マルマルモリモリ」、「かえるの体操」)を、子ども達から積極的に「踊りたい」と保育士に知らせ、曲に合わせ身体を動かすことを楽しむ姿が見られました。色々な曲の中から子ども達は「あ・い・うー」の体操に興味を示し「あいう、踊りたい」などの声も聞かれます。曲が流れると子ども同士で「〇〇ちゃんも、踊ろう」、「こうやるんだよ」などと言葉のやりとりを楽しみながら、身体を動かす心地良さや楽しさを感じているようでした。

・しか(3歳児)組
 昨年度より「大きなかぶ」の絵本やエプロンシアターに興味を持っていたため、ごっこ遊びを行うことにしました。皆でかぶを引っ張る動物(ヒヨコ・ウナギ・イヌ・ワニ・トラなど)を考え、子ども達が動物の動きをイメージし、全身を使って表現することを楽しんでいました。本番ではどの動物にするか、子ども達に考える期間を設けました。

・きりん(4歳児)組
 普段から曲に合わせ、踊ることや身体を動かすことを楽しんでいました。そこに楽器を持ち、音を合わせる姿が見られるようになりました。様々な楽器(鈴、カスタネット、トライアングル、タンバリン)を使い、友達と一緒に鳴らしたり、お互いの音を聞き「楽しいね」、「きれいな音だね」といった会話も聞かれるようになり、楽器遊びを行うことになりました。グループでどの楽器を使うか話し合い決め、使う楽器が決まると曲の雰囲気に合わせながら、嬉しそうに音を鳴らしたり、可愛らしい身振りを友達と一緒に考えていました。

・ぞう(5歳児)組
 劇遊び(「こびとのくつや」)のCDを聴きながら、同じ役の子ども同士が集まり、「踊りはどうするか」、「台詞はどうするか」などと相談する姿が見られました。振り付けについては、歌詞を聴き、内容に合わせた表現を考えていました。台詞は、誰がどの部分を言うか相談したり、台詞のやりとりを練習する姿も見られました。

みんなでげんきに運動会

・運動遊びのチーム決め
  5歳児組は、子ども同士で話し合い4つのチームを作りました。そして、各チームごとに3歳児組の子どもを誘い、3歳、5歳児の混合チームができました。
  チーム決めの最中のことです。5歳児が保育士に「しか(3歳児)組で、お休みの子どもを教えて」と尋ねてきました。保育士は、紙に記名し、鉛筆を添えて「お願いします」と言い渡したところ、紙を受け取った子どもは、紙を見つめ暫く考え、友達と一緒に、欠席していた子どものチーム分けも行っていました。4歳児組も、皆で話し合い4つのグループに分かれ、3歳、5歳児の混合チームに加わりました。その後、皆でチーム名を決め、チームごとに集まりおやつを食べたり、忍者の修行ごっこを楽しみました。

・当日の様子
  プログラム1番は、3歳、4歳、5歳児の運動遊び「にんじゃ、にんにんにん!」です。大勢の観客が見守る中、少し緊張していた子ども達でしたが、自分の出番になると自信に満ちた表情で、平均台渡りや、巧技台からの飛び降りを行っていました。3歳児は、5歳児に横で見守られながら行いました。5歳児のサポートはとても温かく、3歳児が平均台を渡っている時は、いつでも手を差し伸べられる、程よい距離で並行して歩いていました。また、巧技台の前で足が止まっている子どもには、優しく「(高い方と低い方)どっちにする?」と聞いたり、目を合わせ、言葉ではなく優しい微笑みで「大丈夫だよ」というメッセージを送っていました。体育館中が温かな雰囲気に包まれ、その後も各組の親子のスキンシップ遊びなど、親子の愛情が感じられるアットホームな運動会が続きました。
  当園では、勝ち負けではなく、子ども自ら環境(運動会)に関わろうとする自発性や意欲を大切にしています。保護者の方にも、子どものありのままの姿、一人一人の成長発達を見てもらえるよう、プログラム内容を工夫し、今年度からは、行事名もこれまでの「運動会」から、「みんなでげんきに運動会」に変え、より子どもが主体的に参加できるようにしました。
  一人一人、素晴らしい姿を見せてくれた子ども達です。第2部は、子どもや保護者、保育士も一緒になり、スポーツバルーンやわらべうた遊びを、参加者がコミュニケーションをとりながら、楽しんでいました。

3歳・4歳・5歳児の水遊び

P1030230.JPG
・7月中旬~9月上旬まで、子ども達は水遊びを楽しむことができました。プール遊びが始まった頃は、水が顔にかかることが苦手な子どももいました。保育士が手を繋ぐと、安心して遊んでいました。
 何人かの子どもがその子どもの様子に気付き、「大丈夫だよ」と声を掛けて手を繋ぎ、プールの中を一緒に歩く姿が見られました。「○○ちゃん、お水怖いんだって」と保育士に知らせる子どももいました。
 その後、何度かプール遊びを行ううちに、少しずつ水に慣れ、友達に「こっちにおいで、一緒にやろう」と誘われる中で、楽しそうに遊ぶようになりました。8月の後半には、自ら積極的に水に触れ、友達と水をかけ合う等、活発に水遊びを楽しむ姿が見られました。

・泥遊びを行った日のことです。バケツにたっぷりと水を汲んで運び、地面が少し窪んだ所に水を流していました。何度かそれを繰り返すと、水溜りが広がり、流れができました。その子が声を上げて喜び「見て、川ができた。」と友達を呼ぶと、次々に子ども達が集まり、泥遊びを楽しんでいました。

 水や泥遊びを通して、様々な発見や驚き、喜びがあり、その中で、友達を思いやる優しい姿が見られました。これからも、その季節ならではの遊びを多く取り入れながら、子どもが主体となり様々な経験ができるよう、見守っていきたいと思います。

0歳・1歳・2歳児の水遊び

P1030790.JPG
7月から水遊びが始まり、水遊びを楽しむ子ども達の賑やかな声が毎日のように響いていました。
0歳児組は、2階のテラスにビニールプールを用意し、水遊びを行いました。初めの内、水遊びに戸惑う子どもは、保育士に抱かれ保育士が手で水に触れる様子を見たりしていました。そのうち、保育士の真似をし、自ら水に手を伸ばすようになりました。日を増すごとに水遊びにも慣れ、プールの中に進んで入り、水面を手で叩き、ピシャピシャと音を立てながら、水の感触を楽しむ姿が見られました。
1歳児、2歳児組は、主に屋上のビニールプールで、水遊びを行いました。子ども達は、プールの底に沈んでいる玩具の貝殻をバケツに次々と拾い集め、保育士に「見て」と言い、嬉しそうな表情が見られました。また、バケツの中に水を入れ、自分の体にかけて楽しんだり、バケツを逆さにし、水が流れる様子を繰り返し見て、楽しむ姿が見られました。遊び方も少しづつダイナミックになり、子ども同士で水をかけ合ったり、自ら水面に顔をつけたりと、笑顔で楽しむ姿が見られました。
今後も、様々な遊びや生活の中で、子ども同士の関わりを大切にしながら、成長を見守っていきたいと思います。

子どものつぶやき

・ある日、子どもが滑り台の上から下にいた保育士に向かい話しかけました。
  子ども「先生の頭、白くなっているよ。」(白髪に気付いたようです)
  保育士「どうしてかな。」
 子どもは暫く考えた後、
  子ども「そうか、先生の頭の上に雪が降ったんだね。いいな。」

・子どもが“プリキュアになりたい”と願い事を書いていました。
  保育士「○○ちゃん、プリキュアになりたいのね。」
  子ども「うん。前はプリキュアになりたかったんだけど、今はAKB48になりたいの。だから、先生がプリキュアになってもいいよ。」
  保育士「ありがとう。でも、プリキュアになったら、保育園に来れなくなってしまうから、毎日保育園に来て、○○ちゃんや、保育園の皆と遊んでいる方が楽しいな。」
  子ども「大丈夫。プリキュアはテレビの世界だから、日曜日になったら、テレビの中に行けばいいんだよ。」  
  保育士「…考えてみるね。」

 子ども達には、大人が想像もつかないような、空想の世界が広がっています。そして、生活の中で何か疑問を感じた時、空想の世界や、自らの経験で得た様々な情報の中から、一生懸命に答えを導き出そうとしています。この時、子どもから出た考えが、現実と合っているかということよりも、自ら考え、自分なりの答えを導き出すという過程が大切なのだと思います。
 子どもの疑問に対し、大人が情報を全て教えることは簡単ですが「どうしてかな」などの疑問を返すことで、考える力(知りたいという探究心)が育まれていくのだと思います。

保育園時代を共に過ごした仲間との関わりを、成長した現在も大切にしている卒園児たちの嬉しい訪問

P1050814.JPG
 学校が春休みに入った3月下旬頃から、当園の卒園児達が足を運んでくれました。
3月31日には、2001年度の卒園児達が中学校を卒業し、高校入学前に保育園時代の同窓会を行い、その時の集合場所を保育園としていました。すっかり背も伸び、大人っぽくなっていましたが、笑顔の中に保育園時代の面影があり、それぞれ個性豊かに成長していました。
 卒園児達は、その当時の文集やアルバムを楽しそうに見た後、保育室内を見学し「小さい頃は、広く感じたのに狭く感じる」と言っていました。そして、在園児達が卒園児に「抱っこ」と甘えてくると、抱きしめながら「私達も、こんなに小さかったの」と当時を思い出し、月日の流れを感じているようでした。
 こうして、卒園児達が立派に成長したこと、また、人と人との繋がりを大切にしていることを嬉しく思います。それぞれ成長してきた過程で、友達や周囲の人との関わりが、十分に繰り返されてきたことを感じました。保育園での生活では、時にはお互いの気持ちがぶつかり合うこともあったと思います。その中で、お互いを認め、相手を受け入れていくという経験を何度も繰り返すことにより、「コミュニケーション能力」、「協調性」、また「問題解決する能力」など、「生きる力」が育くまれていくと思います。保育園で経験したことが結果として出るのは、10年先になるか、または、社会人となった時かもしれません。長い道のりの中、今回こうして卒園児達の姿を見て、保育をしていく上で大きな励みとなりました。
 卒園児の皆さんが、これからも一歩一歩着実に未来へ向かう姿を、私達は温かく見守らせていただき、応援していきたいと思います。
 


このページの一番上へ
<< 2022年05月 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

最近の記事
アーカイブ

園長のつぶやき
意欲と思いやり
生きる力
お知らせ